沖縄 南端potteryへ

雨の中、糸満市へ。

車窓から見える海は、それでも青く美しいです。

 

早くお会いしたい、作品を見てみたい。。

 

うつわ展・沖縄からの風  中村かおり 南端pottery ヒネモスノタリ

のため、南端potteryを訪れました。

 

わぁ!

工房に入るなり、思わず声が漏れます。

美しいしのぎ。

作品を一つ一つ手に取り、丁寧に削られた線に見入ってしまいます。

 

 

南端potteryの新里竜子さんの作品の向こう側に見えるのは

赤い大地、木々の緑、熱い風。

そして沖縄の歴史。

 

それらが作品の深みとなっています。

新里竜子さんは、沖縄生まれ。

琉球大学在学当時は陶芸漬けの日々。

卒業後も美術講師を務め、陶芸の指導をしながら、やはり多くの時間を窯場で過ごしたそうです。

 

そんな新里竜子さんも、育児のため休業。

そして復活。

 

「単純に美しいと感じてもらえるような作品を作りたいんです」

 

誰の作品だからとかではなく、ただただ美しいと感じる、感覚にしっかり訴えられる作品作りをしたい。それが新里竜子さんの考えです。

どの作品にも感じる、フォルムの美しさに、そのこだわりを感じさせられます。

 

 

美しい工房での語り合いは、陶芸や芸術について、日々の暮らしや子育てについてなど話題は尽きません。

名残惜しい気持ちをぐっとこらえ、那覇に戻ったのでした。

 

0

コメントを残す