越前陶芸村へ その① 吉田信介さんを訪ねて

福井県へ。越前陶芸村へ行ってきました。

備前、瀬戸、丹波信楽常滑へ。六古窯の旅もこれで最後。

まずは「陶房 遙」に、吉田信介さんを訪ねました。

急なお願いにもかかわらず、快く迎えてくださった吉田さん。これまでの作品のこと、越前焼のことなど。。お話は尽きません。

「暮らしのいろんなものを作ると、いろんなことが見えてくる」

この言葉通り、陶芸、金工、木工のいろんな暮らしの道具をご自身で制作されています。

こちらの茶托や、急須の持ち手、ドアノブなどいろんなものがありました。

また、ワークショップや朗読会などの企画・運営もされるなど、とても多才な作家さんです。

越前の原土に触れる茶碗づくりなんて、とても楽しそうですよね♪

陶のフレーム大好きなんです。向こう側の風景。。妄想してしまいます。

これからどんなことに挑戦されるのか。。次にお会いするのが楽しみです。

 

 

0

コメントを残す