沼野秀章さんの工房へ

酒井敦志之さんの工房を後にして

次に向かったのは沼野秀章さんの工房。

沼野さんと初めてお会いしたのは名古屋でした。

Twitterで展示のことを知り、たまたま名古屋にいたので行ってみたのです。

今から思うとこれもご縁ですね。

その時不思議なことがおきました。沼野さんの作品を見るとファンタジーのような映像が浮かんできたのです。ひとつひとつ手にする度に、その場面が切り替わっていくような、とても楽しい体験でした。

 

それ以来、沼野さんの作品、お人柄に惹かれて、個展益子陶器市ヒカリエでのイベントなどで度々お会いしてきました。沼野さんには作品だけでなく、元気をもらってきたように思います。

なので、本当に待望の工房訪問。どんなところで制作されてるのか、ずっと想像していました。

たくさんのCDがあります。やはり音楽を聴きながら制作されてるんですね♪

 

もう外は真っ暗。いろんな話をして、時間を忘れてゆったりと過ごしてしまいました。もしもっと早い時間だったら、さらに長居してご迷惑をおかけしていたかも…

 

沼野家は陶芸一家。

奥さまは、急須作家の山崎さおりさん。とても素敵な方なんですよ。

今度はさおりさんにもいろんなことを聞こう!

そんなことを考えながら、帰路につきました。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す