オンラインショップ新着情報 沖誠さんのマグカップが届きました

笠間で作陶されている沖誠さんの

マグカップのお取り扱いを始めます。

まずはご紹介として人気のマグカップから。

 

おしゃれなマグカップを、この機会にお手にとってご覧ください。

 

商品一覧はこちらです。

https://kurumi.life/onlineshop/products/list?category_id=53

よろしくお願いいたします。

0

笠間の陶炎祭(ひまつり)2018 その③

沖誠さんのブースを後にして向かったのは、

酒井敦志之さんのブース。

あたたかく、とってもきれい♡

しっかり呑めそうな酒器もいろいろ♪

 

おなじみのうつわの中に

青いマグを発見!

青好きですから目敏いのです。

うつわを堪能した後は、きのみの のお菓子と加賀棒茶でひと休み。

いつ食べてもほっとする味、ごちそうさまでした。

 

笠間を後にして、明日は益子陶器市に向かいます。

 

0

笠間の陶炎祭(ひまつり)2018 その②

keicondoさんのブースに続いて

沖誠さんのブースへ。

たくさんのうつわを見るチャンス!

楽しみにしていました。

“笠間の陶炎祭(ひまつり)2018 その②” の続きを読む

0

笠間の陶炎祭(ひまつり)2018 その①

笠間へ。

雨が止むのを待って出発です。

常磐線特急ときわで品川から友部まで。

友部駅からは陶炎祭会場まではシャトルバスが便利です。

 

まずは鯨井円美さんのブースへ。

instagramを見て楽しみにしていました♪

シンプルな植木鉢が可愛らしいですね。

“笠間の陶炎祭(ひまつり)2018 その①” の続きを読む

0

沖誠さんの工房へ

笠間へ。

沖誠さんの工房へ行ってきました。

実はお会いするのは初めてで、ドキドキしていました。

こんなにおしゃれなうつわを作られるのだから、

きっと素敵な方に違いない、と思っていました。

 

やはり、想像通りでした^^

 

元は彫金作家で、アクセサリーを作っておられたとか。

形の美しさに、その片鱗を感じます。

まるで石のような質感です。

ところが、重く見えて、実はとても軽くて驚きました。

手にした時に重さを感じさせないよう、全体の重さのバランスを工夫されているのです。

 

展示に完璧がなく、いつも満足はしていない、と仰っていました。

その貪欲さが、作家としてのモチベーションであり、

作品はより洗練されていくのでしょうね。

 

進化を続けられる姿がとても楽しみです。

0

穂高隆児さんの工房へ

笠間の穂高隆児さんの工房へ行って来ました。

穂高さんと言えば

『一日一盌』

毎日毎日茶碗を作り続け、その数はすでに千盌を超えています。

毎朝、SNSで穂高さんの茶碗を見る度に、私も頑張らないと!と思うのです。

 

作家さんの工房で、他の作家さんのうつわでお茶をいただくのも楽しいです。今回は沼野秀章さんのカップにて♪

 

 

日本料理の料理人として、駐スペイン大使の専属料理人、老舗料亭支店の料理長を務めるほどのキャリアを持つ穂高隆児さんは、うつわのことを学ぶうちに陶芸家を目指すようになったのだそうです。そして笠間で陶芸を学び、独立。その後は一躍人気作家の道を辿っておられます。

穂高さんのうつわに料理を盛り付けると、うつわがより瑞々しい光を放ちます。その姿を見ていると、料理のうつわを作りたいという、穂高さんの真っ直ぐな思いを感じます。

穂高さんのうつわは、毎日こつこつと茶碗を作り続ける、そんな一途な穂高さんそのものだなと感じるのです。

 

 

0

沼野秀章さんの工房へ

酒井敦志之さんの工房を後にして

次に向かったのは沼野秀章さんの工房。

沼野さんと初めてお会いしたのは名古屋でした。

Twitterで展示のことを知り、たまたま名古屋にいたので行ってみたのです。

今から思うとこれもご縁ですね。

“沼野秀章さんの工房へ” の続きを読む

0

酒井敦志之さんの工房へ

笠間へ行って来ました。

今回は二人の作家さんにお会いするためです。

 

まずは酒井敦志之さんのところへ。

酒井さんのうつわは、しっかりと感じることのできる土の味わいが魅力で、お料理をとても美味しく見せてくれます。

 

工房で、震災の時の話や、これからのことなどいろんな話を伺いました。

“酒井敦志之さんの工房へ” の続きを読む

0

陶と暮らし2017へ

益子からバスで笠間へ向かいます。

午後は陶と暮らし2017へ。

初日は益子秋の陶器市とはしごです。

酒井敦志之さんのところへ。

いつも思うんです。酒井さんのうつわは、毎日のごはんが美味しくなりそうだなって。

もちろんお酒もですが!

 

そしてkeicondoさんのところへ。

keicondoさんのうつわは、とてもわくわくして、お料理を楽しみたくなります。

 

次にShima craftの、島崎小乙里さんのところへ。

とても明るくて楽しいうつわです。

朝ごはんのプレートに♪

元気が出そうです。

 

笠間の作家さんのうつわは食欲をそそられますね!

大好物の栗も食べられて、秋の笠間は最高です♪

0

益子春の陶器市 2017 その③

昨日ほどの日差しもなく、午後からも張り切ってうつわ探しです。

陶芸美術館の先、はじめて行ったエリアに素敵なうつわを見つけました。

飯野夏実さんの銀彩のぐい呑み。

思わず手に取りたくなりますね。

“益子春の陶器市 2017 その③” の続きを読む

0