カテゴリー別アーカイブ: 手作りのうつわについて

手作りのうつわ その③ 釉薬のむらの話

手作りのうつわの特徴、その素晴らしさについて。今回は釉薬のむらについて少し。

 

手作りのうつわは、その工程のすべてを、作り手が手作業で行います。

もちろん釉掛けも。

その際、釉薬の掛かり具合、垂れ具合には、場所によってどうしても違いが出てきます。

続きを読む

手作りのうつわ その② ほくろの話

手作りのうつわの特徴、その素晴らしさについて。今回のお話は。。

ほくろ

よくこんなの、見かけませんか?

この黒いぽつぽつ。

「鉄粉」と言い、うつわを焼成する際に、土の中の鉄分が表面に浮かび上がってきたものなんです。

その見た目から「ほくろ」とも言われます。

決して汚れではありません。

 

ほら、こんなところにも!

高温の窯の中で生まれたこのぽつぽつ。うつわの表情を決める大事なアクセントになっています。

まさに「ほくろ」!

うつわ選びの際は、ぜひ、お好みの「ほくろ」を探してみてください。

手作りのうつわ その① 貫入について

手作りのうつわの特徴、その素晴らしさについて。まずは貫入について少し。。

 

貫入とは、焼成の際に、素地と釉薬の収縮率の違いから、釉薬がひびとなって現れたものです。

中国の宋磁の貫入は美しく、中国陶磁器の歴史の中でも、その芸術性・精神性においては群を抜いています。

現代においても。。

 

続きを読む