タグ: 九谷焼

川合孝知さんの工房へ

2016年の秋、石川・富山うつわの旅では、たくさんの作家さんの工房を訪れました。その際、繊細であたたかな作風に惹かれ、川合孝知さんにもお会いしたくて連絡先を探したのですが、残念ながらお会い出来なかったのです。

今年の2月、川合孝知さんの個展が開催されると知り、赤坂のギャラリーに伺いました。オーナーに事情をお話ししたところ、ご親切に川合さんに連絡を取ってくださいました。そしてようやく川合さんとお話ししてみると、北尾正治マキさんと親しくされていることがわかり、ご縁に感謝しながら、3月に訪問することになりました。

小松空港までお迎えに来ていただいて、石川県能美市のご自宅兼工房へ。

玄関には九谷焼のランプシェード。

工房内には、宝の山のようにたくさんの作品があり、私はうれしくてひとつひとつ手にしました。そしてお話を伺いました。

川合さんは静岡市生まれ。そして、日本大学生産工学部に進学されます。学生時代から、製造業に就くと決めていたそうで、卒業後は自動車部品メーカーへ就職されます。

その後、やはり手に職をつけたい、と考えた川合さんが選んだのが、焼き物の世界なのだとか。それで静岡から石川へ移り、石川県立九谷焼技術研修所に入所されます。絵を描いたこともなく、九谷焼どころか、焼き物のことも全く知らずにこの世界に飛び込んだというのですから、驚きです。焼き物を作りたくてではなく、職業として焼き物を選択されたのです。

このようなお話をとても飄々と語る川合さんですが、作品は愛情に満ちていて温かいものばかりです。そのギャップが何とも面白いです。

現在、作家としての活動は、生地は奥様が挽き、川合さんが絵付けをされています。瑞々しい絵の具で描かれる川合さんの絵付けは、とてもやわらかく、楽しい物語の世界が広がっています。

これから、常設展や特別展で川合さんの作品のお取り扱いが始まります。ぜひ、たくさんの方にご覧いただきたいです。

クスッと笑える レイチェルオムレットさんの九谷焼

千葉在住、なのに九谷焼。

それも、クスッと笑える。

そんなレイチェルオムレットさんの展示に初めて行ってきました。

今回は、オーダー家具を製作しているウッドスタジオクゼーズとの、夫婦二人展です。

うつわの展示で、こんなにおもしろいのは初めてです。

レイチェルオムレットさんは、女子美大で陶芸を学び、さらに金沢の卯辰山工芸工房で研修を受け、九谷焼を学ばれました。そして千葉に戻ってからも、粘土や絵の具は九谷の物を取り寄せて使っているのだそうです。

これで、千葉で九谷焼⁇の謎が解けました。

うつわと同様に、レイチェルオムレットさんもおもしろい方でした♪

これからもクスッと笑えるうつわを楽しみにしています!

 

楽しいお茶の時間

美味しいお菓子をいただいたので、お茶の時間にしましょう。

中村かおりさんのプレート皿をトレーにして

川上真子さんの九谷焼を合わせます。

“楽しいお茶の時間” の続きを読む

北尾正治・マキさんの長皿の使い方

夕暮れ時のドーナツ。

子供の頃なら、絶対に叱られただろうな〜って思いながらペロリと平らげてしまい…

それも2個。

お腹いっぱいです。

 

北尾正治・マキさんの、まるでパッチワークのような長皿に、ドーナツが2個収まったので仕方ないですね!

 

こちらの可愛らしい長皿は、オンラインショップでお取り扱いしております。

どうぞご覧ください。

https://kurumi.life/onlineshop/products/detail/514

オンラインショップ新着情報 北尾正治・マキさんのうつわが届きました

ほんの少しですが

金沢の北尾正治・マキさんからうつわが届きました。

前回入荷の際にご好評をいただいた丸皿と

同じ花柄の長皿も入荷しております。

こちらは一点のみとなっております。

どうぞお早めにご覧ください。

 

北尾正治・マキさんのうつわはこちらです。

オンラインショップ新着情報 かとうようこさん、北尾正治・マキさんのうつわを販売いたします

会期中は本当に寒い日が続きました。

オンラインショップ オープン1周年記念イベント『うつわ  とりどり」にお越しいただいたみなさまには、改めてお礼申し上げます。

今回のイベントでは、かとうようこさんのうつわをお取り扱いさせていただきました。ご好評いただいたので、少しとなってしまいましたが、オンラインショップで販売いたします。

プレートL 鳥と草花

見ているだけで癒されますね。

八角豆皿 ねこ(青)

 

そして、北尾正治・マキさんには新作の長皿や角皿などを届けてもらい、ふたりの仕事の細やかさ、楽しさをご覧いただきました。

長皿

角皿

ほんの少しですが、販売いたします。

どうぞご覧くださいませ。

 

 

かとうようこさんのうつわはこちら

北尾正治・マキさんのうつわはこちら

オンラインショップ新着情報 川上真子さんのうつわを販売いたします

この度新しくお取り扱いいたします

九谷焼の川上真子さんのうつわ。

川上真子さんは、山本長左氏に師事し、主に染付けの絵付け磁器を制作されています。

今回は煎茶と中国茶のお道具を集めてみました。

可愛らしく繊細な手仕事を、どうぞご覧ください。

 

オンラインショップはこちら。

うれしい再会 川上真子さんの九谷焼

先月、九谷焼の川上真子さんの展示があると知り、日本橋へ行ってきました。

銀座の金沢・やきもの市」で、作品とは再会していたのですが

ご本人とは昨年の9月に能美市の工房でお会いして以来です。

 

ひとしきり再会を喜び合った後、気になるものを見つけました。

ふっくらといいお顔をした金魚文の急須です。

昨年お会いした時も金魚文の蓋碗に釘付けになっていたのです。

かわいい♡

 

今回は満を持して制作をお願いしました!

蓋碗や煎茶碗、急須など、お茶を楽しんでいただくうつわです。

 

近日中にオンラインショップでご紹介いたします。

ぜひ、のぞいてみてください。

「銀座の金沢・やきもの市」へ

以前から気になっていた銀座の金沢へ。

企画展示ギャラリーでは、1月16日(月)まで、色絵を中心とした陶芸作品の展示が行われています。

年末年始の展示なので、今年の干支、酉の置物も多くみられます。

“「銀座の金沢・やきもの市」へ” の続きを読む

石川・富山うつわの旅 その⑥ 弦巻玲子さんを訪ねて加賀へ

富山から再び石川県を南下、加賀市へ。弦巻玲子さんを訪ねました。

“石川・富山うつわの旅 その⑥ 弦巻玲子さんを訪ねて加賀へ” の続きを読む