タグ: 湯浅記央

机上工芸舎 湯浅記央さんのカトラリー・うつわの販売を始めます

机上工芸舎 湯浅記央さんのカトラリーや鉄のフリープレートなどが届きました。

質感やデザインの美しさ、使い心地の良さを、ぜひ感じてください。

オンラインショップ 机上工芸舎 湯浅記央さんのページはこちら です。

どうぞご覧ください。

【 机上工芸舎 たのしい暮らし展 】のお知らせ

うつわどころくるみは2018年9月にオープンし、もうすぐ3年が経ちます。これまでたくさんのお客様に足を運んでいただいたこと、メールや手紙でやりとりしたことが思い出されます。改めて深く感謝し、お礼申し上げます。

感謝の気持ちを込めて、3周年記念展として【 机上工芸舎 たのしい暮らし展 】を開催します。

机上工芸舎は金工の湯浅記央さん、陶芸の星野友里さんの工房です。2人の作品には作り手の手のぬくもり、作るたのしさが溢れ、使う私たちもたのしくなります。

今回は土鍋やレンゲ、薬味さじなど秋から冬の暮らしをたのしむアイテムを中心にご紹介します。たのしく作っておいしく食べて、日々の暮らしを満喫してください。

湯浅記央


1983 年 千葉県生まれ

小さなころから金属が好きで、硬貨を磨いたり、落ちている瓶の王冠など、集めて眺める のが好きな子供でした。

昔から感じていた、金属の魅力や特性を活かし何かを生み出したいと思ったとき 「最も人との距離が近い日常の道具」であるカトラリーに興味を持ち、
2008 年より制作を始めました。

カトラリーの制作では真鍮、錫、アルミニウムと様々な素材を使ってきましたが、 その中で、「味や臭いなど食事の中で感じる様々な感覚」を最も損なわず使える素材がステ ンレスでした。

それ以降ステンレスの素材研究を進め、
2017 年に自然な表情を作る方法を見つけました。 以降はステンレス、鉄を中心に、日常における金属の新しい姿、物の価値について 日々模索中です。

星野 友里 Hoshino Yuri

1986年 宮城県生まれ

小さい頃から絵を描くこと、作ることがとても好きでした。 でもある時、絵を描いていてどうしても先に進められなかったとき 出会ったのが土です。
両手でつかめる粘土の素材感と 立体となって存在する感覚がとても魅力的でした。 それからは一番体のリズムに合う手びねりという技法で 土に触れながらコツコツと作ることを続けています。

作品は、紙に描いた頭の中に浮かんだイメージと土の生み出してくれる形を合わせながら作っています。シンプルな土と白い釉薬で大事にしたい形を見せるのが今のこだわりです。

自分の描いたものが器になること

その器を人が使えるということが、生活の中で楽しい時間をつくれたらと思っています。

机上工芸舎 たのしい暮らし展

会期 : 2021年9月18日(土)〜 9月26日(日)

時間 : 12:00〜19:00  *最終日は 〜17:00

休廊日 : 9月22日

在廊日 : 未定

〜 ご来店の際のお願い 〜

9月18日のみ、1時間毎の抽選制でのご案内とさせていただきます。 

 お連れの方お一人様分までお申し込みいただけます。

①12:00

②13:00

③14:00

④15:00

⑤16:00

⑥17:00

⑦18:00

お申し込みはこちらから。

*こちらのリンクは9月1日まで表示されません。

お申し込み期間 : 2021年9月1日(水12:009月10日(金)12:00

抽選の結果は、9月13日(月)までにメールにてご連絡いたします。

なお、当店からのメールは「~@kurumi.life」というアドレスから送信します。受信拒否設定になっていないかお確かめの上、送信ください。ご本人確認をさせていただきますので、ご来店の際はメール画面の提示をお願いします。

できるだけたくさんの方に手に取ってご覧いただきたいので、お申し込みに際していくつかお願いがあります。ご了承の上お申し込みください。

・転売目的でのご購入はお断りさせていただきます。

・ご購入の数量を限定させていただく場合がございます。

・写真撮影はご購入後のみとさせていただきます。

・他のお客様のご迷惑になると判断した際にはご退室いただく場合がございます。

*ギャラリーへの入室を4名様までに制限させていただきます。

*マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

*芳名帳へのご記帳をお願いいたします。

*世の中の状況により、販売形態や営業日を変更することがあります。

  最新情報をこちらのWEBサイトやSNSでご確認の上、ご来店ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

〜 ワークショップのお知らせ 〜

毎月開催している〈スパイスの会〉の9月の会では、【 机上工芸舎 たのしい暮らし展 】に合わせ、温かいスープをご紹介します。

スパイスの会 〈 五香粉の会 〉

体の芯からぽかぽか温まる五香粉を使った薬膳風スープをご紹介します。

1、今日から作れる五香粉のおかず

五香粉を使った薬膳風スープをご紹介します。

レシピのお土産付きです。

2、自家製五香粉作り

自家製五香粉を作ります。(お土産)

日時 : 2021年9月25日(土)  14:00〜15:30   

参加費 : 3,300円(税込)

持ち物 : お持ち帰り用の容器(小さめのタッパーウェア、空き瓶)

お申し込み方法

店頭、またはこちらの申し込みフォームよりお申し込みください。

こちらからメールにてご連絡いたします。

ご入金いただく金額、金融機関をご連絡いたしますので、5日以内にご入金ください。なお、準備の都合上、開催日の4日前までにはご入金をお願いします。それ以降のお申し込みの際は、即日のご入金をお願いしております。

ご入金の確認をもって、お申し込み完了とさせていただきますので、ご入金のない場合は自動的にキャンセル扱いとさせていただきます。

*3日前からのキャンセルは、参加費をご負担いただきます。

お気軽にメール、またはお電話にてお問い合わせください。

メール  utsuwa@kurumi.life

お電話  050-5317-0300

お待ちしております。

オンラインショップ新着情報 机上工芸舎 湯浅記央さんのうつわとカトラリーの販売を始めます

大変お待たせいたしました。

夏のお手軽ごはんとフルーツのうつわ展》より、机上工芸舎 湯浅記央さんのうつわとカトラリーの販売を始めます。

ステンレスボウル

ステンレスプレート

デザート用のヒメフォークなど、湯浅さんの作品は、食卓が楽しくなるものばかりです。

オンラインショップ 机上工芸舎 湯浅記央さんのページは こちら です。

どうぞご覧ください。

《夏のお手軽ごはんとフルーツのうつわ展》作家紹介4

次にご紹介するのは、机上工芸舎 湯浅記央さんです。

湯浅さんにはオンラインショップを立ち上げた時から作品をお願いしていますが、展覧会に参加していただくのは今回が初めてです。

湯浅記央 (ゆあさ のりお)

1983年 千葉県船橋市生まれ

小さなころから金属が好きで、硬貨を磨いたり、落ちている瓶の王冠など、集めて眺める のが好きな子供でした。

昔から感じていた、金属の魅力や特性を活かし何かを生み出したいと思ったとき 「最も人との距離が近い日常の道具」であるカトラリーに興味を持ち、
2008 年より制作を始めました。

カトラリーの制作では真鍮、錫、アルミニウムと様々な素材を使ってきましたが、 その中で、「味や臭いなど食事の中で感じる様々な感覚」を最も損なわず使える素材がステ ンレスでした。

それ以降ステンレスの素材研究を進め、
2017 年に自然な表情を作る方法を見つけました。 以降はステンレス、鉄を中心に、日常における金属の新しい姿、物の価値について 日々模索中です。

湯浅記央さんにお会いする度に、とても熱心に制作についてお話を伺います。楽しそうなご様子から、物作りへの思いが伝わってきます。

作品の一つ一つに、作る喜び、楽しさががあふれていますね。

今回は新作も届けてくださいます。

ぜひ、夏の食卓でお楽しみください。

夏のお手軽ごはんとフルーツのうつわ展

会期:2020年6月20日(土) 〜 7月5日(日)

時間: 12:00 〜 19:00 *最終日 〜17:00

休廊日:6月24日(水)、25日(木)、7月1日(水)、2日(木)

〜参加作家〜

藤居奈菜江  陶芸 

山本雅則  陶芸 

小野陽介  陶芸 

湯浅記央(机上工芸舎) 金工

星野友里(机上工芸舎) 陶芸

オンラインショップ新着情報 机上工芸舎 湯浅記央さんのお玉の販売を始めます

湯浅記央さんから、ステンレスのお玉が届きました。

小ぶりなので、食卓でも使いやすいですね。

手作りのぬくもりあふれるお玉です。

オンラインショップ 机上工芸舎 湯浅記央さんの商品ページはこちらです。

どうぞご覧ください。

今日の朝ごはん しっかりバナナトースト

八百屋さんで、格安完熟バナナを買ってきました。

8本で100円!

ケーキにでもしようかと思いながら、香り高くもっちり食感でおいしくて(^-^)ついついそのまま食べ続け…

最後がこちら?

“今日の朝ごはん しっかりバナナトースト” の続きを読む