タグ: 近藤亮介

《 近藤亮介展 》作品のご紹介20 六角堅手皿

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

今日ご紹介するのは、稜花堅手鉢に続いて、六角堅手皿です。

近藤亮介さんは広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉作りをご自身でされています。そして自作の薪窯で焼きます。

こちらの六角堅手皿は広島から山口の土で作られています。作りやすい土で、雑味が多くあまり白くない磁器質の土です。

釉薬は島根の白石と灰を使っています。焼成の際に還元をかけた場合、灰が少ないと白っぽく、多いと緑になります。

日常の食卓でメインの料理を盛り付けたり、パン皿やケーキ皿として、何かと重宝な大きさですね。

サイズ感はこんな感じ。トーストがぴったりですね。

現在、緊急事態宣言を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介19 稜花堅手鉢

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

今日ご紹介するのは、桜小鉢に続いて、稜花堅手鉢です。

近藤亮介さんの作陶は、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘ることから始まります。土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの稜花堅手鉢は、広島から山口の土で作られています。作りやすい土で、雑味が多くあまり白くない磁器質の土です。

釉薬には島根の白石と灰を使い、灰は少なめに使われています。

品よく食卓を彩るうつわです。

中鉢として煮物やサラダを盛り付けるのに使いやすい大きさです。

カレーやパスタ、冷たい麺などにもいいですね。

今日はお手軽に明太バターライスを盛り付けてみました。

現在、緊急事態宣言を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介18 桜小鉢

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

今日ご紹介するのは、粉引鉢大に続いて、桜小鉢です。

近藤亮介さんの作陶は、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘ることから始まります。土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの桜小鉢は萩の大道土のような土で、焼き方により色にグラデーションが出ます。

もともと砂がたくさん入っていて、ざっくりとした土ですが、水簸(すいひ:水でかき混ぜて小石などを取り除く)をきめ細かくすると磁器のような金属音のする焼けになります。

桜色のグラデーションがきれいですね。

食卓がとても華やぐうつわです。

今日はラディッシュの酢漬けを盛り付けてみました。

暑くなってきたので、さっぱりしたものが恋しくなりますね。

現在、緊急事態宣言を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介17 粉引鉢大  

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

本日追加した作品の中からご紹介するのは、白磁小ツボに続いて、粉引鉢大。

近藤亮介さんの作陶は、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘ることから始まります。土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの粉引鉢大は、広島から山口あたりの土で作られています。

比較的最近見つかった土で、作りやすい部類の土ですが、土を取る山によって微妙に違いがあったりもするそうです。

土の表情と釉薬の流れが面白いですね。

大鉢として食卓の中心を飾ったり、麺鉢としてもお使いいただけますね。

今日はおうちラーメン。

生の春菊と半熟卵を乗せていただきました。

現在、緊急事態宣言を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

オンラインショップ新着情報 《近藤亮介展》WEB個展に作品を追加しました

現在開催中の《近藤亮介展WEB個展に、新たにうつわを追加しました。

大きめの鉢、皿、小鉢など、初日とは異なるアイテムがたくさん届いています。

日常の食卓には欠かせないものばかりです。

この機会に、味わい深い近藤亮介さんのうつわをご覧くださいね。

また、現在は緊急事態宣言の延長を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介16 白磁小ツボ

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

現在公開中の作品の中からご紹介するのは、陽刻輪花鉢に続いて、白磁小ツボ。

近藤亮介さんの作陶は、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘ることから始まります。土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの白磁小ツボは広島から山口あたりの土で作られています。

比較的最近見つかった土で、作りやすい部類の土だそうです。

古い時代のものを思わせる簡素な形が、土本来の面白さをしっかりと感じさせてくれます。

現在約100点を公開中で、残りの約130点を今週中にご紹介します。

緊急事態宣言の延長を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

近藤亮介さんの珠玉の作を、ご自宅でお楽しみください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介15 陽刻輪花鉢

現在《 近藤亮介展 》は、オンラインショップ を会場としてWEB個展を開催しております。

現在公開中の作品の中からご紹介するのは、刷毛目鉢に続いて、陽刻輪花鉢。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、ご自身で土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの陽刻輪花鉢は京都の土で作られています。近藤さんが見つけた土の中では、一番作りやすい土なのだそうです。

縁が何重にも重なる花弁のようで、料理を盛り付けると立体的になり、印象的な一皿になります。

今日は小さく切ったカステラにジャムを添えてみました。

うつわのおかげで、特別なおやつになりましたよ。

現在約100点を公開中で、残りの約130点を今週中にご紹介します。

緊急事態宣言の延長を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

近藤亮介さんの珠玉の作を、ご自宅でお楽しみください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介14 刷毛目鉢

昨日5月9日から《 近藤亮介展 》はWEB個展として、オンラインショップで作品を公開しております。

現在の公開作品の中からご紹介するのは、刷毛目小皿に続いて、刷毛目鉢。

近藤亮介さんの作陶は、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、ご自身で土作りや釉作りをすることから始まります。そして自作の薪窯で焼成されます。

こちらの刷毛目鉢は広島の土で作られています。

窯を作ったばかりの頃に見つけた材料で、今でもよく使われています。

同じ山に赤土と白土があって、生地と白化粧にしています。白土に灰を混ぜると釉薬にもなります。最初にみつけた材料が土にも化粧にも釉薬にもなったことが面白かったので、今でもいろいろ探されているのだそうです。

大胆な刷毛目がいいですね。

小鉢として、飯碗としてもお使いいただけるサイズです。

朝ごはんにかぶのスープを盛り付けてみました。

現在約100点を公開中で、残りの約150点を来週にご紹介します。

緊急事態宣言の延長を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

近藤亮介さんの味わい深い作品を、ぜひご自宅でお楽しみください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

《 近藤亮介展 》作品のご紹介13 刷毛目小皿

本日から《 近藤亮介展 》はWEB個展として、オンラインショップで作品を公開しております。

本日の公開作品の中からご紹介するのは、雲花文陽刻皿に続いて、刷毛目小皿。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、ご自身で土作りや釉作りを行い、さらに自作の薪窯で焼成されます。

こちらの刷毛目小皿は広島の土で作られています。

同じ山に赤土と白土があって、生地と白化粧にしています。白土に灰を混ぜると釉薬にもなります。最初にみつけた材料が土にも化粧にも釉薬にもなったことが面白かったので、今でもいろいろ探されているのだそうです。

小さいながら存在感たっぷりで、ひとつひとつ異なる刷毛目が面白いです。

醤油皿や薬味皿としてお使いいただけますね。

今日はぬか漬けを少し。

温もりのある小皿によく似合います。

本日から約100点を公開し、残りの約130点を来週にご紹介します。

緊急事態宣言の延長を受け、店頭での展覧会は行っておりませんので、どうぞご了承ください。

近藤亮介さんの珠玉の作を、ご自宅でお楽しみください。

WEB個展会場はこちら

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日

オンラインショップ新着情報 《 近藤亮介展 》WEB個展を開催します

2020年5月9日から5月24日まで、近藤亮介展を開催いたします。今回はWEB個展として、オンラインショップでの開催になります。

本日は約100点を近藤亮介さんのページで公開いたします。

展覧会のご案内《 近藤亮介展 》のページでも詳しくご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。