タグ: 見野大介

オンラインショップ新着情報 見野大介さんのうつわの販売を始めます

陶と漆 見野大介・阪本修』が終わりましたので、見野大介さんのうつわを、店頭での常設とオンラインショップにて販売を始めます。

久し振りの入荷です。

ぜひ、ご覧ください。

見野大介さんの商品ページはこちらです。

『陶と漆 見野大介・阪本修』のお知らせ

古くより陶と漆は、椀、箸、盆、茶碗、皿など、私たちの暮らしの中にある、とても身近な工芸品です。

その二つの工芸による、夏の食卓のご提案を、陶芸家 見野大介さんと、漆芸家 阪本修さんにお願いしました。

見野大介

1980年

大阪市生まれ

2003年

近畿大学建築学科卒

2005年

京都伝統工芸専門学校陶芸科卒  京都炭山、笠取窯岡本彰氏に師事

2011年

奈良県生駒市に独立。特定非営利活動法人京都ほっとはあとセンターより「もの づくり支援員」に任命され、社会福祉法人テンダーハウスへ出向する。この経験を通し、うつわには使いやすさが最も大切だと考えるようになる。

2014年

奈良市法華寺町に移転。

現在、個展、グループ展など多数参加

元喫茶店をリノベーションした「陶芸工房 八鳥」にて陶芸教室を開き、陶芸の楽しさ、難しさを多くの人に伝えつつ、色、形ともにバリエーション豊かな作品の制作に取り組む。

阪本修

1979年

奈良市生まれ  指物師三代坂本曲齋の三男。伝統工芸品に囲まれて育つ。

2006年

石川県立輪島漆芸技術研修所髹漆科卒業

目白漆芸文化財研究所入社

重要無形文化財保持者(蒔絵)室瀬和美氏に師事

2012年

奈良市に独立

2018年

古代から漆の産地として知られた奈良県曽爾(そに)村に工房を構え、作家活動の拠点を移す。

現在、個展、グループ展など多数参加

漆芸作家としてお茶道具や日用漆器などを制作しつつ、寺社の調度品の制作、修理を行う。また、漆を身近に感じてもらえるよう、デザインプロダクト「Urushi no Irodori」の企画、制作を行う。

初めて見野さん、阪本さんにお会いしたのは3年前。ちんゆいそだてぐさ という、奈良の大和郡山城址で開催されるクラフトフェアで した。

それ以来、見野さんの意欲的な制作への姿勢、漆をもっと身近なものにしたいという阪本さんの思いに触れ、いつか2人展をお願いしようと考えを温めてきました。念願の2人展です。

作品に込められた思いは熱いですが、涼を呼ぶ作品が揃います。

どうぞご高覧くださいませ。

陶と漆  見野大介・ 阪本修

会期   : 6月8日(土)~6月16日(日)

営業時間 : 12:00~19:00  *最終日は17:00まで

定休日  : 6月11日(火)

作家在廊日: 6月8日、9日

6月8日は、17:00頃より見野ファミリー、阪本さんを囲んでささやかなお酒の会を開きます。実は2人は奈良のご近所さんという仲。そんな距離感も感じていただけたらと思います。

どうぞお気軽にご参加ください。

今日のおやつは焼きいもに抹茶

まだまだ寒い、今日のおやつはこちら。

シルクスイートをオーブンで焼いたら、蜜たっぷりであま〜くなったので、お茶は抹茶にしてみました。

疲れがすーっと抜けていきます。

簡単に抹茶を楽しんでいただきたくて、ワークショップを始めました。

簡単!おうちで抹茶教室

お手軽に、ポットのお湯で美味しくお茶を点てられるようレッスンします。

美味しくお茶を点てられれば、うつわは茶碗でも丼でも大丈夫!

お茶の時間がワンランクアップしますよ。

ポイント

・美味しいお茶を点てられるようになります。

・おうちでお客様に簡単にお茶を出せるようになります。

・お茶を飲む時、お菓子を食べる時のマナーが身につきます。

・どんな抹茶を買えばいい?何が必要?いろんな疑問にお答えします。

レッスン内容

まずお手本です。

講師の点てたお茶を、お菓子とともにいただきます。

そしてレッスン。

一期一会、ご参加のみなさまでお互いにお茶を点ててみましょう。

講師がわかりやすくご指導いたします。

最後に。

ゆっくりお茶を飲みながらレッスンを振り返り、みなさまのご質問にお答えします。

講師のご紹介

河野育代さん

表千家茶道教室『みんなの茶道教室』主宰

奈良県生まれ。

お茶を始めたのは小学一年生の時。

美味しいお菓子に釣られて、母に連れられ母の先生のところに行ったのをきっかけに、習い始めました。

それ以来お稽古が楽しくなり、現在まで続けています。

3月までの予定

①1月27日(日)13:00~ ②1月30日(水)13:00~

③2月21日(木)11:00〜 ④2月24日(日)13:00〜

⑤3月31日(日)13:00~

参加費

3,300円(税別)    

 お菓子付き  お茶のお土産付き

お申し込み方法

店頭、またはこちらの申し込みフォームよりお申し込みください。

ご入金方法など、こちらからご連絡いたします。

ご入金の確認をもって、お申し込み完了とさせていただきます。

*準備の都合上、ご予約のキャンセルは3日前までにご連絡下さい。それ以降は参加費をご負担いただきます。

お気軽にメール、またはお電話にてお問い合わせください。

メール  utsuwa@kurumi.life

お電話  050-5317-0300

お待ちしております。

­

秋の朝ごはん

秋晴れの気持ちのいい朝です。

昨年は、夏から一気に冬になってしまったような気がしますが、

今年はゆっくり秋を満喫できてうれしいです。

 

脂の乗った塩さばと、完熟の奈良の富有柿ヨーグルトの朝ごはんです。

もりもり食べて、今日もがんばります。

 

ご紹介のうつわは

宮本めぐみさんの、トルコ釉めし碗 #937トルコ釉めし碗

見野大介さんの、六角皿  翠釉 五寸 #27#六角翠釉五寸

汁物の椀は、阪本修さん。

 

そして、いにま陶房 鈴木雄一郎さんの、ご飯茶碗 Sです。

明日まで店頭では『いにま陶房 展』を開催中です。

どうぞお手にとってご覧くださいませ。

 

 

 

月よりだんご

今夜は中秋の名月。

夜を待たずに、一つお先にいただきます!

 

丸いお盆でお月見ですね。

“月よりだんご” の続きを読む

朝ごはんはしっかりと

どんなに忙しくても朝ごはんはしっかり食べたいです。

近頃魚屋さんの店頭に多くなってきた鮭を買って、秋の気配を感じる朝ごはんです。

 

飯碗はレイチェルオムレットさん。

豆皿は沼田智也さん。

椀と箸は阪本修さん。

丸盆はみやざき眞さん。

 

見野大介さんの六角皿は、オンラインショップでお取り扱いしております。

どうぞご覧ください。

#ID27#六角皿翠釉5寸

夏の朝ごはん

毎日、びっくりするくらい汗をかきます。

そこで、今朝はちょっと塩分補給を。

夏バテしないよう頑張りたいですね!

 

ご紹介のうつわは、

岩﨑晴彦さんの飯碗。 #ID742#飯碗 茶

阪本修さんの漆の椀と

見野大介さんの六角皿。    #ID27#六角皿 翠釉 5寸

北尾正治・マキさんの豆皿。 #ID511#豆皿

みやざき眞さんの丸盆。  #ID230#丸盆 ナラ

山崎さおりさんの急須です。

 

 

うつわ使いのあれこれ 6月

あれこれどたばたしているうちに、7月になって1週間が過ぎてしまいました。

6月のうつわ使いを振り返ってみます。

美味しいお菓子で楽しいお茶の時間です。

 

軽めの朝ごはんに、クラフトフェアまつもとで買って来たグラノーラを。

 

夏野菜をことこと煮て、バケットにクリームチーズ、アメリカンチェリーの朝ごはん。

 

朝から福来たる!

招き猫最中に福を招いてもらいましょう。

 

これから夏本番。

美味しく食べて、元気に夏を乗り越えたいですね。

朝から福来たる

朝から甘いものを食べたくなって

招き猫最中をいただきました。

たくさんの福を招いてくれそうですね♪

 

ご紹介のうつわは、

見野大介さんの六角皿です。

オンラインショップでお取り扱いしておりますので、どうぞご覧ください。

https://kurumi.life/onlineshop/products/detail/27

うつわ使いのあれこれ 5月

「風薫る5月」のはずが、今年は暑かったり寒かったり。

そんな5月のうつわ使いを振り返ってみます。

中村かおりさんのカップ&ソーサーにカグノミ堂の焼き菓子を。

 

跳び箱パンの朝ごはん。

オンラインショップ版 『中村かおり展』のご案内をしました。

 

中村かおり展』でのうつわ使い いろいろです。

 

お仕事中のちょっとひと休み

 

さくらんぼの季節です。

色遊び。

 

そしてこの日のラッキーカラーは黄色!

黄色い食卓で元気いっぱいです。

 

夕暮れのドーナツ。

私流、長皿の正しい使い方です。

 

そろそろ雨の日が多くなってきます。

日々、元気に過ごしたいですね!