『陶と漆 見野大介・阪本修』のお知らせ

古くより陶と漆は、椀、箸、盆、茶碗、皿など、私たちの暮らしの中にある、とても身近な工芸品です。

その二つの工芸による、夏の食卓のご提案を、陶芸家 見野大介さんと、漆芸家 阪本修さんにお願いしました。

見野大介

1980年

大阪市生まれ

2003年

近畿大学建築学科卒

2005年

京都伝統工芸専門学校陶芸科卒  京都炭山、笠取窯岡本彰氏に師事

2011年

奈良県生駒市に独立。特定非営利活動法人京都ほっとはあとセンターより「もの づくり支援員」に任命され、社会福祉法人テンダーハウスへ出向する。この経験を通し、うつわには使いやすさが最も大切だと考えるようになる。

2014年

奈良市法華寺町に移転。

現在、個展、グループ展など多数参加

元喫茶店をリノベーションした「陶芸工房 八鳥」にて陶芸教室を開き、陶芸の楽しさ、難しさを多くの人に伝えつつ、色、形ともにバリエーション豊かな作品の制作に取り組む。

阪本修

1979年

奈良市生まれ  指物師三代坂本曲齋の三男。伝統工芸品に囲まれて育つ。

2006年

石川県立輪島漆芸技術研修所髹漆科卒業

目白漆芸文化財研究所入社

重要無形文化財保持者(蒔絵)室瀬和美氏に師事

2012年

奈良市に独立

2018年

古代から漆の産地として知られた奈良県曽爾(そに)村に工房を構え、作家活動の拠点を移す。

現在、個展、グループ展など多数参加

漆芸作家としてお茶道具や日用漆器などを制作しつつ、寺社の調度品の制作、修理を行う。また、漆を身近に感じてもらえるよう、デザインプロダクト「Urushi no Irodori」の企画、制作を行う。

初めて見野さん、阪本さんにお会いしたのは3年前。ちんゆいそだてぐさ という、奈良の大和郡山城址で開催されるクラフトフェアで した。

それ以来、見野さんの意欲的な制作への姿勢、漆をもっと身近なものにしたいという阪本さんの思いに触れ、いつか2人展をお願いしようと考えを温めてきました。念願の2人展です。

作品に込められた思いは熱いですが、涼を呼ぶ作品が揃います。

どうぞご高覧くださいませ。

陶と漆  見野大介・ 阪本修

会期   : 6月8日(土)~6月16日(日)

営業時間 : 12:00~19:00  *最終日は17:00まで

定休日  : 6月11日(火)

作家在廊日: 6月8日、9日

6月8日は、17:00頃より見野ファミリー、阪本さんを囲んでささやかなお酒の会を開きます。実は2人は奈良のご近所さんという仲。そんな距離感も感じていただけたらと思います。

どうぞお気軽にご参加ください。

オンラインショップ新着情報 岩崎龍二さんのうつわの販売を始めます

大阪の富田林で作陶する岩崎龍二さんは、ろくろで作り出す形の美しさと、独自の色にこだわり、他に類を見ないほど美しい作品を制作されています。

今回届けていただいたのは、やわらかな色合いが美しい椿灰の釉薬のボウルと、環流しの小さめの鉢です。

オンラインショップ 岩崎龍二さんの商品ページは こちら です。

少量の入荷です。どうぞお早めにご覧ください。

『北尾正治マキ展』のお知らせ

­『北尾正治マキ』は、北尾正治さん、マキさんご夫妻の九谷焼の工房です。生地は正治さんが作り、絵付けはマキさんが担っています。

おふたりともに、金沢市生まれ

石川県立九谷焼技術研修所卒業

北尾正治さん、マキさんに初めてお会いしたのは、能美市の九谷焼技術者支援工房で制作をされていた時でした。

それから2年半ほどが過ぎ、念願叶って個展を開催していただくので、久しぶりに会いに行ってきました。先日、金沢の工房を訪ねた時のお話はこちらです。

現在のおふたりの工房は、金沢の街の中から少し離れた山間にあります。窓の外には木々が広がり、小鳥や虫、時にはきつねなどの動物たちが訪れます。可愛い訪問者は、二人の日々の楽しみであり、きっと作品にもこっそり登場しているのでしょうね。

ふたりの作るうつわは楽しく心温まるものばかりです。この機会にぜひご覧ください。

北尾正治マキ展

会期:2019年5月11日(土)~5月19日(日)

営業時間:12:00〜19:00 *最終日は17:00まで

定休日:5月14日(火)

作家在廊日:5月11日(土)

オンラインショップ新着情報 山﨑美和さんのうつわの販売を始めます

金沢で作陶する山﨑美和さんから、久々にうつわが入荷しました。

静かに佇むような美しさと、色彩が魅力です。

ほんの少しの入荷です。

オンラインショップ 山﨑美和さんの商品ページはこちらです。

https://kurumi.life/onlineshop/products/list?category_id=32

どうぞご覧ください。

北尾正治マキさんの工房へ

金沢へ行ってきました。

北尾正治さん、マキさんに初めてお会いしたのは、能美市の九谷焼技術者支援工房で制作をされていた時でした。

それから2年半ほどが過ぎ、念願叶って個展を開催していただくので、久しぶりに会いに行ってきました。

現在、お二人の工房は、金沢の街の中から少し離れた山間にあります。窓の外には木々が広がり、小鳥や虫、時にはきつねなどの動物たちが訪れます。可愛い訪問者は、二人の日々の楽しみであり、きっと作品にもこっそり登場しているのでしょうね。

二人が意欲的に取り組んでいる 石の器。その型になっている石も見せてもらいました。

こんなに大きくて丸い石があるなんて、びっくりです。

石を型にして、ぼこぼことした肌が面白い石の器。今回の個展でもご紹介できるのが楽しみです。

こちらはDM撮影用に制作中の作品です。

正治さんが生地を作り、マキさんが絵付けを施すのですが、九谷焼では現在でも分業の方が多くおられます。

明るく楽しいお人柄と独自の感性が、わくわくするようなうつわを生みだしています。二人のうつわを愛してくださるたくさんの方々と共に、個展の作品の到着を楽しみにしています。

オンラインショップ新着情報 酒井敦志之さんのうつわの販売を始めます

春の宴』が終わりましたので、酒井敦志之さんのうつわをオンラインショップでご紹介いたします。

今回は、ポットもいろいろ。

土のぬくもり溢れるうつわに盛り付けると、食卓が温かくなりそうですね。

オンラインショップはこちらです。

https://kurumi.life/onlineshop/products/list?category_id=51

この機会に、ぜひご覧ください。

入荷情報 岩崎龍二さんからうつわが届きました

大阪で作陶されている岩崎龍二さんからうつわが届きました。

釉薬の美しさ、形の美しさ、滑らかな質感、その全てに注目していただきたいです。

今回は、椿の灰を使ったシリーズのボウルと、環流しの4寸鉢をお願いしました。

美しすぎてうっとりしますよ。

ぜひ手にとってご覧いただきたいです。

ご来店お待ちしております。

東京工藝月間が始まります

今日から5月19日まで、東京工藝月間として、都内のクラフトを扱うお店で、様々な展覧会やイベントが開催されます。

参加店の店頭には、トーキョークラフトマップが置かれていて、都内のクラフトを扱うショップと飲食店がたくさん掲載されています。クラフト好きの方にはとても面白いマップですよ。当店は6ページ目、西荻窪駅のページに掲載されています。

うつわどころくるみは、常設展でスタートします。私がとても大切にしている、お取り扱い作家の作品を、ゆっくり手にとってご覧くださいませ。

6月までの展覧会のお知らせ

4月から6月までの展覧会をご紹介します。

2019年4月24日〜29日

みやざき眞ー立チ返ル、木工展 (1階 レンタルスペース)

常設展 〜 1階ギャラリーをレンタルスペースとしてお貸ししますので、いつもとは異なり、暮らしているようにうつわを展示します  (2階)

階段を上がってのんびり遊びに来てください。

2019年5月1日〜8日

おうちカレーのうつわ展  荻野善史・山本雅則

2019年5月11日〜19日

北尾正治マキ展

2019年6月8日〜16日

陶と漆 見野大介・阪本修

どうぞよろしくお願いいたします。

入荷情報 机上工芸舎からカトラリーが届きました

お待たせいたしました。

机上工芸舎のカトラリーが、再入荷しました。

前回入荷の際は、オンラインショップですぐに完売してしまいましたので、まずは店頭のみでのお取り扱いです。

ぜひ手にとってご覧ください。

ご来店お待ちしております。