沼野秀章さんの作品展に行ってきました

楽しみにしていたんです。

「その先に見えるもの 沼野秀章作品展」

沼野さんの作品はいつも楽しさでいっぱいなのですが、今回は特に新作の青のうつわが見られるとあって、ドキドキしていました。

ありました~!

落書きだとおっしゃいますが、独特の世界観に引き込まれます。身近に暮らしのなかで楽しめるアート作品と言えます。

ボトルのラインも美しいです。

銀の茶碗です。お茶の緑が映えそうですね。

今回は悩んだ末、二点を私のうつわの仲間にお迎えすることにしました。

透けて見える銀の美しさと、唇に当たるひんやりした感じが最高です。とても幸せな気分です。お酒だけでなく、夏の朝のレモネードにもいいかもしれません。

こちらは角皿なのですが、まるでコンテンポラリーアートのような姿が気に入り、しばらくはこうして眺めていることにしました。線の強弱、流れ、所々に勢いよく走る赤。とても温厚な沼野さんの、意外な熱い部分を見るようでとても面白いです。

大満足の展示でした。沼野さんのこれからの作品がますます楽しみですね♪

 

0

コメントを残す