竹下鹿丸さんの工房へ

1月の個展に続いて、ゆっくりお話を伺いたくて益子へ行ってきました。

信楽の陶芸家 篠原希さんの「益子には竹下鹿丸という天才がいる」という言葉を受けて以来、益子陶器市では必ず鹿丸BARに立ち寄るようになっていました。どんな作家さんなのか、興味津々だったのです。

“竹下鹿丸さんの工房へ” の続きを読む

「ねこ集め』の後の一杯に

いよいよ明日からとなりました『ねこ集め』

その帰りに一杯、という時はこちら。

コノコネコノコ

店内はねこグッズがいっぱいで、もちろん猫好きのお客さまもいっぱいです。

寄り道していただきたくて、竈猫を一本ご用意しました。

『ねこ集め』の後も、ねこトークと美味しいお酒をお楽しみください!

信楽へ行ってきました ②篠原希さんの工房へ

1日目に続いて、信楽での2日目は、篠原希さんの工房に久しぶりに訪れることになりました。

お料理上手な奥さまが、カフェを始められています。ご近所の方がうらやましいです。

“信楽へ行ってきました ②篠原希さんの工房へ” の続きを読む

『ねこ集め』からのねこめぐり

いよいよ会期が迫ってきました!

そこで、ご近所ねこめぐりのご案内です。

ギャラリーとカフェDoodleさんでは『ねこはがきあつめ』が開催されます。

美味しいカウコーヒーもオススメです。『ねこ集め』と合わせて、ぜひお立ち寄りください。

“『ねこ集め』からのねこめぐり” の続きを読む

今日のおやつは焼きいもに抹茶

まだまだ寒い、今日のおやつはこちら。

シルクスイートをオーブンで焼いたら、蜜たっぷりであま〜くなったので、お茶は抹茶にしてみました。

疲れがすーっと抜けていきます。

簡単に抹茶を楽しんでいただきたくて、ワークショップを始めました。

簡単!おうちで抹茶教室

お手軽に、ポットのお湯で美味しくお茶を点てられるようレッスンします。

美味しくお茶を点てられれば、うつわは茶碗でも丼でも大丈夫!

お茶の時間がワンランクアップしますよ。

ポイント

・美味しいお茶を点てられるようになります。

・おうちでお客様に簡単にお茶を出せるようになります。

・お茶を飲む時、お菓子を食べる時のマナーが身につきます。

・どんな抹茶を買えばいい?何が必要?いろんな疑問にお答えします。

レッスン内容

まずお手本です。

講師の点てたお茶を、お菓子とともにいただきます。

そしてレッスン。

一期一会、ご参加のみなさまでお互いにお茶を点ててみましょう。

講師がわかりやすくご指導いたします。

最後に。

ゆっくりお茶を飲みながらレッスンを振り返り、みなさまのご質問にお答えします。

講師のご紹介

河野育代さん

表千家茶道教室『みんなの茶道教室』主宰

奈良県生まれ。

お茶を始めたのは小学一年生の時。

美味しいお菓子に釣られて、母に連れられ母の先生のところに行ったのをきっかけに、習い始めました。

それ以来お稽古が楽しくなり、現在まで続けています。

3月までの予定

①1月27日(日)13:00~ ②1月30日(水)13:00~

③2月21日(木)11:00〜 ④2月24日(日)13:00〜

⑤3月31日(日)13:00~

参加費

3,300円(税別)    

 お菓子付き  お茶のお土産付き

お申し込み方法

店頭、またはこちらの申し込みフォームよりお申し込みください。

ご入金方法など、こちらからご連絡いたします。

ご入金の確認をもって、お申し込み完了とさせていただきます。

*準備の都合上、ご予約のキャンセルは3日前までにご連絡下さい。それ以降は参加費をご負担いただきます。

お気軽にメール、またはお電話にてお問い合わせください。

メール  utsuwa@kurumi.life

お電話  050-5317-0300

お待ちしております。

­

やさしいパンのお昼ごはん

西荻窪駅南口、神明通りのパン屋さん、かむかむhygge(ヒュゲ)。

2年前、初めて西荻窪に来た時からお気に入りのパン屋さんです。

Gallery MADOさんでお世話になっていた頃は、お昼ごはんの定番でした。

作品にはお人柄が出ると、常日頃思うのですが、こちらのパンは心にしみるやさしい味。食べるとほっとする、癒しのパンです。

ご紹介のうつわは、店頭、オンラインショップでお取り扱いしております。

中村かおりさんの

深オーバル皿         #ID490#深オーバル皿

ローズマリーマグ       #ID1003#ローズマリーマグ

どうぞご覧ください。

信楽へ行ってきました ①山本雅則さんの工房へ

四日市で岡井翼さんにお会いした後、私は電車でのんびりと信楽へ向かう予定でした。

お昼ごはんを食べながら、そんな話をした途端、岡井翼さんが驚いた表情をされました。実は山本雅則さんは岡井翼さんの大学の後輩で、春の信楽作家市の件で、数日前にお話されたところとか。私も岡井翼さんもびっくりです。

ご縁というのは本当に不思議ですね。

そして岡井翼さんのご厚意に甘えて、信楽までのドライブを楽しむことになりました。

真っ暗になってから信楽に到着。

山本雅則さんの工房は、信楽の幸山窯。暗くて写真は撮れませんでしたが、古い登り窯が残されていました。

シンプルなうつわの縁に施されたしのぎが、土の風合いを感じさせてくれます。お料理がとても映えそうですね。

ゴールデンウィークの展覧会でご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

信楽で迎えた朝。

屋根に白いものを発見しました。

ほんの少しですが、私の初雪です。

白菜カレーの手抜きお昼ごはん

白菜を大量に消費したくて簡単に。

玉ねぎをしっかり炒め、鶏肉と白菜を煮込んでカレー粉、コンソメ、塩こしょうを入れるだけ。

冷え性の私は、裸足でスパイス 井上由香さんの、金時生姜のパウダーを振りかけて、ほかほかをプラスしました。

うつわどころ ワークショップ『スパイスことはじめ』では、スパイスの販売も行っています。合わせてお楽しみください。

スパイスことはじめ

自分好みにスパイスをブレンドして、世界にたったひとつの七味やカレー粉を作ってみませんか?

日々の暮らしに、ちょっと刺激が加わりますよ。

あたたかいスープでの試食ランチとドリンク、お土産付きです。

マイスパイスで体の芯から温まりましょう!

講師紹介

­

井上由香さん

広島県生まれ。

吉祥寺のハモニカ横丁朝市や近郊のイベントでスパイスを売っている『裸足でスパイス』の店主さん。

坊主頭とはじける笑顔がとても可愛らしいです。

スパイスに目覚めたのは、2013年に半年間アフリカを旅した時。

帰国後少しして『裸足でスパイス』を始めました。

以来、吉祥寺『ハモニカ横丁朝市』や、高円寺『座の市』、その他イベントに出店し、手作りの小冊子で使い方を紹介しながらスパイスを販売しています。

­3月までの予定

②花椒塩作りの会~麻婆鍋とドリンク付き

2月8日(金)11:00~、2月9日(土)11:00~ 

③カレー粉作りの会~野菜カレースープとドリンク付き

3月20日(水)11:00~、3月21日(木、祝)11:00~ 

参加費

3,500円(税別)

あたたかいスープでの試食ランチとドリンク付き スパイスのお土産付き

お申し込み方法

店頭、またはこちらの申し込みフォームよりお申し込みください。

ご入金方法など、こちらからご連絡いたします。

ご入金の確認をもって、お申し込み完了とさせていただきます。

*準備の都合上、ご予約のキャンセルは3日前までにご連絡下さい。それ以降は参加費をご負担いただきます。

お気軽にメール、またはお電話にてお問い合わせください。

メール  utsuwa@kurumi.life

お電話  050-5317-0300

お待ちしております。

­

齋藤一さんのトールカップを入荷しました

緊急入荷!

この一言を言ってみたかったのです。

新年から新しくお取り扱いの齋藤一さんのうつわは、うれしいことに大変ご好評いただいております。

ですので、またお願いしてしまいました。

取り急ぎ、こちらのトールカップは、店頭のみのお取り扱いになります。

どうぞご覧くださいませ。

岡井翼さんを訪ねて

四日市へ行ってきました。

春の展覧会に参加していただく、岡井翼さんにお会いするためです。

工房で見せていただいた作品は、とてもエキゾチックで存在感のあるものでした。

お茶やお酒の席が楽しくなりそうですね。

春が楽しみです。

さすが急須職人。どれも持ちやすくて、安定感があります。

そして、萬古焼にまつわるスポットにも案内していただきました。

 

ばんこの里会館では、萬古焼の歴史を学ぶことができます。

古萬古はとても彩り豊かで美しく、仕事が細やかです。

そして急須の工房へ。

職人の手によって、たくさんの急須が作られています。

一度の焼成で、1000個もの急須が作られるのだとか。びっくりしました。

港に隣接している窯業産地は、材料の調達、製品の輸送を容易にします。その結果、大量生産を可能にし、発展したのでしょう。山間部でないのが新鮮に感じました。

旅は四日市から信楽へと続きます。