《 近藤亮介展 》作品のご紹介6 粉引鉢

5月9日から始まる《 近藤亮介展 》は、ご自宅で作品を楽しみ、お買い物していただけるよう、オンラインショップでの公開に向けて準備しております。

陽刻花文盤に続いてご紹介するのは、粉引鉢。

味わい深い土の表情と、凛とした佇まいがとても魅力的です。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉薬作りもご自身で行なっておられます。

こちらの粉引鉢は広島から山口あたりの土で作られています。比較的最近見つかった土で、作りやすい部類の土だそうです。

近藤亮介さんとお話をしていると、陶芸が好きで好きで仕方がないというのがよくわかりますよ。

中鉢として煮物や和え物、サラダやフルーツを盛り付けたり、カレー皿にしたり。

万能なので、ついつい食器棚から出してしまううつわですね。

のらぼう菜のごまマヨ和えを盛り付けてみました。

近藤亮介さんのうつわは、大地の恵みをとても生き生きと、美味しく見せてくれますね。

5月9日、会期初日にオンラインショップでご紹介を始めます。

どうぞお楽しみに。

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日