《 近藤亮介展 》作品のご紹介5 陽刻花文盤

5月9日から始まる《 近藤亮介展 》では、ご自宅で作品を楽しんでいただき、オンラインショップでじっくり選んでお買い物していただけるよう、作品の撮影などの準備を進めています。

蓮皿に続いてご紹介するのは、陽刻花文盤。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉薬作りもご自身で行なっておられます。

こちらの陽刻花文盤など、型押しのうつわは京都の土で作られています。

近藤さんが見つけた土の中では、一番作りやすい土なのだそうです。これが見つかるまではボロボロな土(これはこれで味がある)しかなく、丸くて小さいお椀のようなものしか作れませんでした。この土が見つかり、形や装飾の点で出来ることが広がったのだそうです。

料理を盛り付けると花文様が縁取りとなって、美味しく見せてくれますね。

西荻窪 コノコネコノコ さんの「ネコノコわくわく盛り合わせ」をテイクアウトしました。お惣菜が6品も入っているので、ひとつずつうつわに盛り変えるのが楽しいです。

たまには美味しいものを食べて気分転換もいいですね。

5月9日、会期初日にオンラインショップでご紹介を始めます。

どうぞお楽しみに。

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日