《 近藤亮介展 》作品のご紹介3 泥釉皿

5月9日から始まる《 近藤亮介展 》では、ご自宅で作品を楽しんでいただき、お買い物していただけるよう準備しております。

粉引碗に続いてご紹介するのは、泥釉皿。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉薬作りもご自身で行なっておられます。

こちらの泥釉皿は広島から山口あたりの土で作られています。比較的最近見つかった土で、作りやすい部類の土だそうです。

釉薬は近所の赤土に灰を混ぜて作られています。流れ具合、たまり具合に味わいがありますね。

日常の食卓で料理を盛ったり、取り皿にしたり、手にしやすいサイズ感です。

ついつい、食器棚から出してしまいそうですね。

朝ごはんに、ほうれん草のソテーを盛り付けてみました。

5月9日、会期初日にオンラインショップでご紹介を始めます。

どうぞお楽しみに。

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日