岡井翼さんを訪ねて

四日市へ行ってきました。

春の展覧会に参加していただく、岡井翼さんにお会いするためです。

工房で見せていただいた作品は、とてもエキゾチックで存在感のあるものでした。

お茶やお酒の席が楽しくなりそうですね。

春が楽しみです。

さすが急須職人。どれも持ちやすくて、安定感があります。

そして、萬古焼にまつわるスポットにも案内していただきました。

 

ばんこの里会館では、萬古焼の歴史を学ぶことができます。

古萬古はとても彩り豊かで美しく、仕事が細やかです。

そして急須の工房へ。

職人の手によって、たくさんの急須が作られています。

一度の焼成で、1000個もの急須が作られるのだとか。びっくりしました。

港に隣接している窯業産地は、材料の調達、製品の輸送を容易にします。その結果、大量生産を可能にし、発展したのでしょう。山間部でないのが新鮮に感じました。

旅は四日市から信楽へと続きます。