蒔絵 /樋渡賢 漆工/阪本修 二人展へ

お椀に咲く蓮の花。

阪本修さんの展示でお迎えしました。

 

木地に蓮の花の形の和紙を貼り、漆を何度も重ね塗りしたものです。

 

阪本さんとは、いつも大和郡山のちんゆいそだてぐさでお会いするのですが、

初めてお箸以外の展示を見ることができました。

漆塗りのお箸はとても使いやすく気に入っています。

 

今回は蒔絵の樋渡賢さんとの二人展。

初日に伺った甲斐あって、多くの作品を一つ一つ手にとって、ゆっくりと観ることができました。

蒔絵の茶入れも素晴らしく、漆の奥深さを感じる、見応えのある展示でした。

 

0

コメントを残す