『癒しのときに』準備が整いました

明日から当店では、女性作家二人による展覧会が始まります。

ようやく準備も整い、ギャラリー内は爽やかな青と白で満たされています。

ぜひ、お手にとってご覧くださいませ。

仕事後や休日の大切な休息のひとときのために。

さわやかな青と白のマグカップや花器など、夏の癒しのときを過ごすアイテムを集めました。

作家紹介

宮本めぐみ

大阪生まれ

2004年 京都伝統工芸大学校 陶芸専攻コース入学

     働きながら、京都まで2時間半かけて通う日々を過ごす

2006年 京都伝統工芸大学校 陶芸専攻コース卒業

     陶芸教室でスタッフとして従事

2008年 大阪府堺市で作陶をはじめる

2014年 大阪狭山市に作業場を移す

     個展 『ヒトリゴト展』 Vendange大阪

2017年 大阪府羽曳野市に築窯

     『彩りのうつわ展』うつわどころ くるみ

2018年 『実りの秋のうつわ展』うつわどころ くるみ

クラフトフェア、グループ展など多数

小川 綾

東京生まれ

大阪にて作陶を始める
2015年 デンマークにて、セラミックアーティストであるTORTUS COPENHAGEN 主宰のワークショップへ参加


陶芸家Eric LANDONとの出会いをきっかけに、花器の制作に注力を注ぐ

日々の暮らしの中で、小さく草花を楽しむことを提案

現在は作陶拠点を東京へ移す

クラフトフェア、グループ展など多数

癒しのときに 宮本めぐみ 小川綾

7月13日(土)~7月21日(日)

7月16日(火)定休

12:00~19:00  *最終日は17:00まで

作家在廊日:7月13日、14日