《 近藤亮介展 》作品のご紹介8 陽刻花文皿

5月9日から始まる《 近藤亮介展 》はWEB展として開催し、ご自宅で作品を楽しみ、お買い物していただけるよう、オンラインショップで作品を公開します。

まず初日に半数の約100点をご覧いただき、引き続き残りの作品をご紹介する予定です。

その中から片手鉢に続いてご紹介するのは、陽刻花文皿。

近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉作りをご自身で行います。

こちらの陽刻輪花皿は、京都の土で作られています。型打ちのうつわに使っている土は、近藤さんが見つけた土の中では、一番作りやすい土なのだそうです。

花弁が舞う様がとても印象的ですね。

彩のきれいな料理やお菓子、フルーツを盛り付けると、さらに鮮やかに見せてくれますよ。

こちらも西荻窪 コノコネコノコ さんの「ネコノコわくわく盛り合わせ」のテイクアウトから、2品を盛り付けてみました。パクチーをのせて、アジア料理も似合いますね。

おうち時間が長くなっているので、テイクアウトして美味しいものを食べるのが楽しみになりました。

5月9日、会期初日にオンラインショップでご紹介を始めます。

どうぞお楽しみに。

近藤亮介展

会期:2020年5月9日(土)〜 24日(日)

時間:12:00〜19:00 *最終日は〜17:00

お休み:5月12日、13日、18日、19日