【 ねこ集め 2021 】作家紹介3 平野照子

2月13日から始まる【 ねこ集め 2021 】の参加作家さんをご紹介します。

今日ご紹介するのは、ヒネモスノタリ 楠戸杏子さんに続いて、平野照子さんです。

平野照子さんには、2019年の【 ねこ集め 】から3年連続でご参加いただいています。その前に打ち合わせで新潟へ伺った際、工房にあるオブジェが、まるで呼吸をしているようで、見ていてドキドキしたのを覚えています。小さいものにも命が吹き込まれているようでした。

平野照子(ヒラノ ショウコ)

1972年生まれ  宮城県出身

1997年より坂爪勝幸氏に師事

2001年より新潟県中心に発表を続ける

2003年 個展 (ギャルリー炎舎 新潟)

ほか、企画展、グループ展などで作品発表している

2010年より自宅工房「ceramic studio apetope」にて制作を続ける

長い時間をかけて作る、葦や竹の灰から作る釉薬の風合いは、自然の優しさに溢れています。

ぜひ手にとってご覧いただきたいです。

ねこ集め 2021

会期 : 2021年2月13日(土)〜 2月28日(日)

時間 : 12:00 〜 19:00   *最終日は 〜17:00

休廊日 : 2月17日、18日、24日、25日

〜 参加作家 〜

沼田智也   陶芸

ヒネモスノタリ   陶芸

平野照子   陶芸

金田花季   動物画・招き猫 

クルテ絵ガラス商店   ステンドグラスアクセサリー

MTK SHEEP   羊毛フェルト

〜 ご来店の際のお願い 〜

*2月13日、14日のみ、1時間枠の予約制でのご案内とさせていただきます。  

予約開始は2021年1月30日(土)12:00より。

お申し込みは こちら から。

*ギャラリーへの入室を4名様までに制限させていただき、順次入れ替え制といたします。

*世の中の状況により、販売形態や営業日を変更することがあります。

  最新情報をHPやSNSでご確認の上、ご来店ください。

どうぞよろしくお願いいたします。