あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は多くのご縁に恵まれ、素晴らしい一年となりました。今年も一歩一歩前に進んでいこうと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

お雑煮のおともに、先日の穂高隆児さんの陶箱でミニおせちを。

箱を開ける時のワクワク感がたまりません。

岩﨑晴彦さんの酒器にも箱の中に隠れてもらいました。

 

 

今日のお昼ごはん 年末の疲れた体に 牡蠣うどん

年末だからと言って、疲れるほどのことはしていないのですが。。

牡蠣をたっぷり入れて、お昼ごはんは温かい牡蠣うどんにしました。

“今日のお昼ごはん 年末の疲れた体に 牡蠣うどん” の続きを読む

浅草甲乙数寄合戦 激陶者集団へうげ十作展へ 

年の瀬の浅草へ行ってきました。楽しみにしていた「浅草甲乙数寄合戦 激陶者集団へうげ十作展」の初日です。

“浅草甲乙数寄合戦 激陶者集団へうげ十作展へ ” の続きを読む

手作りのうつわ その① 貫入について

手作りのうつわの特徴、その素晴らしさについて。まずは貫入について少し。。

 

貫入とは、焼成の際に、素地と釉薬の収縮率の違いから、釉薬がひびとなって現れたものです。

中国の宋磁の貫入は美しく、中国陶磁器の歴史の中でも、その芸術性・精神性においては群を抜いています。

現代においても。。

 

“手作りのうつわ その① 貫入について” の続きを読む

今日の朝ごはん ほうれん草の目玉焼き

そろそろほうれん草にも甘みが増してきました。そこで今日の朝ごはんはほうれん草の目玉焼き。

ほうれん草をバターでソテーし塩胡椒。クッキングペーパーを敷いたオーブン皿にまるく形を作り、卵を割ってトースターで焼くだけです。フライパンで焼いてもいいですね。肉厚なほうれん草に半熟卵のとろとろを絡めて食べると美味しく、忙しい朝のお手軽メニューです。

 

紅茶はさいとう知さんのカップで

プレート、りんご、ヨーグルトは鯨井円美さんのうつわで楽しみました。

とても乙女なうつわたちです!

 

田添琴英さんの切子が届きました

富山の田添琴英さんから素敵な切子が届きました。

img_5515

“田添琴英さんの切子が届きました” の続きを読む

ノリタケの森へ

「ノリタケの森」は名古屋駅の北、則武新町にあります。

“ノリタケの森へ” の続きを読む

常滑さんぽ

名古屋から名鉄に乗り常滑へ。

img_5525

招き猫に招かれて「とこなめ招き猫通り」から、お散歩がはじまります。

img_5528

上り坂の途中、たくさんの招き猫に出会えます。

img_5530-2

img_5531-2

一つずつゆっくり見ながら坂を上ります。

img_5534-2

駅の観光案内所でもらった「常滑やきもの散歩道マップ」を見ながらのおさんぽです。レンガの煙突があちらこちらに見られ、焼き物の町の歴史を感じさせてくれます。

img_5544

このブロックを頼りに進めば道に迷うこともありません。

img_5543-2

ちょっと、とこにゃんにもごあいさつ。

img_5548

img_5554-2

常滑ならではの風景を楽しみながら先へと進みます。

img_5561-2

陶のオブジェにも出会えたり。。

img_5565-2

これいったい何でしょう。。?

img_5567-2こんなものもありました。

そして登窯広場の方へ。

img_5572こちらの展示工房館では、絵付けの体験をしているいる方たちがいらっしゃいました。

img_5579

重要有形民俗文化財に指定されている陶榮窯は、現存する日本最大級の登窯です。

img_5584

あちらこちらに素敵なギャラリーもあり、うつわのお買い物も楽しめます。私も数点お買い上げです。

img_5592-2

もちろん招き猫にもたくさん出会えます。

img_5593

懐かしい空気を満喫しながらのお散歩は宝探しのようです。

img_5604

レンガの煙突越しに見る夕暮れ。

常滑さんぽもそろそろおしまいです。

うつわ好き、招き猫好きには思い出に残るおさんぽになりました。

 

 

暮らしの道具に喜びを見出す

先日、大学の東洋美術の講義を受けて、中国の土器、そして彩陶の起源について調べたときに感じたことを少し。。

wp-1481344703027.jpg

土器というのは、割れやすく重いため移動には向きません。「定住」の始まりの証といえます。そこには農耕の発達により、安定した食生活があり、様々な調理方法や貯蔵方法が必要とされていました。そして紀元前6000年頃には、土と炎によって作られた土器に、生き生きとした動物の姿や、人々の暮らしの様を描いたり、幾何学的文様を施すようになっていきます。道具に芸術性を求め始めたのです。

6000年前の人たちも、暮らしの道具によろこびを見出していたんですね。私たち現代の人間と同じです。とても自然な気持ちなのだと、身近に感じることができます。人間の本質は、変わっていないのですね。

うつわ使いのあれこれ 11月

11月もいろいろとうつわで楽しみました。

img_48121

大好きな冬瓜を冬瓜のスープカレーにしました。

img_50962

奈良から届いた柿を奈良の見野大介さんのうつわに盛りつけてみました。

img_51011

大好きなしらすトーストの朝ごはん。

dsc_4510

お茶とお菓子のお楽しみ うつわ三人展 沼田智也見野大介高橋美子」の準備中、朝宮茶のお番茶と信楽銘菓でほっこり。

dsc_02101

和菓子作りのワークショップでは、紅葉のお菓子で秋の風情を楽しみました。

img_51101

アボカドのココット風の朝ごはん。

img_51322

大量購入のアボカド消費で、アボカドとロースハムのポテトサラダにしたり

img_51411

初雪の日には、お昼は鍋焼きうどんにしました。

img_51612

寒い日のおやつには、安納芋の焼き芋です。

img_51651

魚のおいしい季節の到来です。わらさのお刺身にはやっぱり日本酒!

 

季節は秋から冬へ。。

冬の味覚が楽しみです♪