0
¥0

現在カート内に商品はございません。

粉引碗

  • 限定品
¥3,300 税込
商品コード: KOND0257
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
近藤亮介さんは、広島や山口など、主に西日本の各地に足を運んで原土を掘り、土作りや釉薬作りもご自身で行なっておられます。陽刻など型のうつわの土は一番作りやすい土で、これが見つかるまではボロボロな土(これはこれで味がある)しかなく、丸くて小さいお椀のようなものしか作れませんでした。この土が見つかり、形や装飾の点で出来ることが広がったのだそうです。「作りやすい土の方が思った感じにはなりますが、作りにくい土の方が思ったよりも良い感じになることがあります。また全然良くない感じにもなります。」とのこと。近藤さんの作陶はとても大変な仕事ですが、窯出しで良いものが出てきたときの喜びが原動力になるのでしょうね。ご自身作の薪窯で焼成したうつわは、土の風合いが面白く、どことなく品があり、料理をとても生き生きと美味しく見せてくれますよ。

釉薬の流れが面白く、手にしっかりと土の風合いを感じることができます。飯碗として、小鉢として、日常使いのうつわとして大活躍します。

径13.3cm 高さ6cm

カテゴリ一覧

ページトップへ