沼野秀章

1976
文化学院芸術専門学校陶磁器科卒茨城県窯業指導所釉薬科にて研修
1999
駒澤博司氏に師事
2001
茨城県笠間市押辺に築窯、のち笠間市金井に移築

沼野秀章さんとの出会いの場は名古屋でした。新幹線の中で見たTwitterでの「今日は名古屋で在廊します」のツイートに、思わず急行。それ以来、物語や音楽を奏でるようなうつわに魅了されています。

盛りつけのコツを伝授 『お手軽な酒の肴レッスン』のお知らせ


酒の器〜酒好きのためのうつわ展〜』では

9月4日(火)、8日(土)に料理研究家の齋藤聡子先生による『お手軽な酒の肴レッスン』を開催いたします。

こちらのうつわは、沖誠さんの炭化プレートと、沼野秀章さんの高足杯です。

 

レッスンの際、お料理だけでなく、素敵な盛り付けのコツも伝授してくださいます。

お手軽な酒の肴を華やかに盛り付けて、お酒を楽しんでみたい、うつわ好きだけれど盛り付けがよくわからない、そんな方にオススメのレッスンです。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

開催日時

① 9月4日(火)10:00〜12:00

② 9月8日(土)11:00〜13:00、13:00〜15:00、15:00〜17:00、17:00〜19:00

参加費

4,000円(税込)

 

お問い合わせはお電話にて

(お料理教室受付専用電話 050-5317-0300)

お電話お待ちしております。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

酒の器

〜酒好きのためのうつわ展〜

酒井敦志之・沼野秀章・沖誠・平岡仁・沼田智也

酒好きによる酒好きのためのうつわ展を開催いたします。五人の作家による、酒を楽しむためのうつわを一堂に集め、ご覧いただきます。

開催日時:2018年9月 1日(土)〜 9月9日(日)

12:00〜19:00

開催場所:うつわどころ くるみ

〒167-0043  東京都杉並区上荻4-23-11

tel. 050-5277-2157

 

・JR中央線西荻窪駅北口より徒歩約15分

・JR中央線荻窪駅北口「関東バス0番乗り場」よりバスで10分。「日産自動車前」にて下車、徒歩1分。

*「関東バス0番乗り場」から発車のバスは、全ての系統が「日産自動車前」に停車します。

 

詳しくは、イベントページをご覧ください。

 

『酒の器〜酒好きのためのうつわ展〜』のお知らせ


実店舗オープンを記念して特別展を開催いたします!

 

酒の器

〜酒好きのためのうつわ展〜

酒井敦志之・沼野秀章・沖誠・平岡仁・沼田智也

酒好きによる酒好きのためのうつわ展を開催いたします。五人の作家による、酒を楽しむためのうつわを一堂に集め、ご覧いただきます。

 

 

酒井 敦志之さん

沼野 秀章さん

沖 誠さん

平岡 仁さん

沼田 智也さん

 

開催日時:2018年9月 1日(土)〜 9月9日(日)

12:00〜19:00

開催場所:うつわどころ くるみ

〒167-0043  東京都杉並区上荻4-23-11

tel. 050-5277-2157

 

・JR中央線西荻窪駅北口より徒歩約15分

・JR中央線荻窪駅北口「関東バス0番乗り場」よりバスで10分。「日産自動車前」にて下車、徒歩1分。

*「関東バス0番乗り場」から発車のバスは、全ての系統が「日産自動車前」に停車します。

 

 

今回は特別企画をご用意いたしました!

特別企画1「作家と盃を酌み交わそう!夜まで酒盛り!」

初日限定企画です。お買い上げのうつわでお気に入りの作家と共に、呑んでしゃべって大いにお楽しみください。

オープンの12時より、19時まで開催いたします!

特別企画2「お手軽な酒の肴レッスン」

料理研究家 齋藤聡子先生によるお料理教室を開催いたします。

お手軽食材で華やかおつまみを作るレッスンです。大切な人との時間のため、またはお仕事後の自分のため、手間をかけずに美味しいおつまみを作りたい。急な来客にもあわてずおつまみを用意できるようになりたい。そんな方におすすめです。盛り付けのコツも学べますよ。

お酒が好きな方も、飲まない方も、男性も女性も。お一人様もご家族も、ご参加お待ちしております!

 

開催日時

① 9月4日(火)10:00〜12:00

② 9月8日(土)11:00〜13:00、13:00〜15:00、15:00〜17:00、17:00〜19:00

参加費

4,000円(税込)

 

お問い合わせはお電話にて

(お料理教室受付専用電話 050-5317-0300)

お電話お待ちしております。

 

 

益子春の陶器市2018 その③


ひと休みを終えて、かまぐれの丘へ。

このぷっくり具合がいいですね。

沼野秀章さんの作品です。

遊びのある楽しいうつわです。

 

次に荻野善史さんのブースへ。

大地のエネルギーを感じます。

花の生命力が高まりそうですね。

 

そして沼田智也さんの赤絵の酒器。

ゆっくり愛でながらお酒を飲みたいです。

 

笠間の陶炎祭から益子陶器市へ。

今年もたくさん歩いて、たくさんの作家さんとお話しできて、とても濃く楽しい2日間でした。

 

沼野秀章さんの工房へ


酒井敦志之さんの工房を後にして

次に向かったのは沼野秀章さんの工房。

沼野さんと初めてお会いしたのは名古屋でした。

Twitterで展示のことを知り、たまたま名古屋にいたので行ってみたのです。

今から思うとこれもご縁ですね。

その時不思議なことがおきました。沼野さんの作品を見るとファンタジーのような映像が浮かんできたのです。ひとつひとつ手にする度に、その場面が切り替わっていくような、とても楽しい体験でした。

 

それ以来、沼野さんの作品、お人柄に惹かれて、個展益子陶器市ヒカリエでのイベントなどで度々お会いしてきました。沼野さんには作品だけでなく、元気をもらってきたように思います。

なので、本当に待望の工房訪問。どんなところで制作されてるのか、ずっと想像していました。

たくさんのCDがあります。やはり音楽を聴きながら制作されてるんですね♪

 

もう外は真っ暗。いろんな話をして、時間を忘れてゆったりと過ごしてしまいました。もしもっと早い時間だったら、さらに長居してご迷惑をおかけしていたかも…

 

沼野家は陶芸一家。

奥さまは、急須作家の山崎さおりさん。とても素敵な方なんですよ。

今度はさおりさんにもいろんなことを聞こう!

そんなことを考えながら、帰路につきました。

今日の朝ごはんはジャムが主役!


今朝はトーストの気分だったので

大好きなクリームチーズとブルーベリージャムのトーストを。

 

このジャム、実は益子の陶芸家竹下鹿丸さんのお父さんの作。

益子陶器市では、竹下鹿丸さんのキレのある焼締のうつわを見るのがお楽しみの一つなのですが‥

この春は展示の前ということで作品が少なく、代わりにジャムがたくさん!

大好きなので一ついただいて来ました。

 

控えめな甘さとブルーベリーの風味がやさしく、とても美味しいジャムです。

 

沼野秀章さんのプレートで楽しみました。

益子秋の陶器市へ行ってきました その②


初日に「益子秋の陶器市」と「陶と暮らし2017」をはしごして、

2日目は笠間からバスで再び益子へ向かいます。

 

遺跡広場では、坂田裕昭さんのところに行ってきました。

いいお天気なので映し出される影がとてもきれいです。

 

かまぐれの丘へ。

沼野秀章さんのところに行くと、ハヤシラボさんのお花が飾ってありました。

花器のラインの美しさがとても生かされていますね。

本当に素敵です。

ブーケ作りを見ていると引き込まれます。

 

ここでちょっとお知らせです!

遺跡広場には素敵な作家さんがたくさんいます。

その中のお一人、樋口早苗さんに出会いました。

とてもかわいい絵付けが魅力です。

急きょお願いし、いくつか作品をいただきました!

準備が整いましたらオンラインショップで販売いたしますね。

どうぞお楽しみに♪

うつわ使いのあれこれ 3月


思うように温かくならなかった3月。でも食べることでは、春を満喫しました(*^-^*)

そんな3月のうつわ使いを振り返ってみます。

和菓子は季節感があっていいですよね。この日のおやつは究極の選択でした。

このどら焼きと

こちらの浮草というお菓子は、谷中を散歩し、谷中岡埜栄泉で買って帰りました。

沼野秀章さんの個展で手に入れた、青と銀の美しいカップで飲むビールは最高です!

お腹がすいていなくて軽めの朝ごはん

大好きなバナナトースト。これはボリューム満点です!

お彼岸と言えばおはぎですよね?

洋菓子も大好きです♡おやつにマッタ―ホーンのシュークリーム。

企画展「あたたかなくらし 鯨井円美×みやざき眞」でのスプーン作り教室のおやつ風景はこんな感じになるでしょうか。

大好きな阿闍梨餅をおやつにいただけるしあわせ♡

桜色のパンで春を感じる朝ごはん(^^♪

春を感じるおやつも大好きなパンで(*^-^*)

あんこ好きな方向け、和風いちごトーストの朝ごはん。

振り返ってみるとお菓子がいっぱい!

3月は食べ過ぎだったかな~(*ノωノ)