藤本羊子

1980
大阪府生まれ
大阪芸術大学大学院を卒業後、パン屋にて修行
その後徳島へ
2006
「パン教室・羊のむくむく」をスタート(現在は休止)
2010
出張パンやとパンの卸を開始
自宅兼アトリエにて陶のオブジェとうつわの制作・発表を再開
2011
ふたりてん ろうそく夜
2013
うつわ展 「なんにでもつかえるうつわ」ろうそく夜(徳島)
2014
うつわ展 とよとみ珈琲(徳島)
2015
うつわ展 CLASSTA(福岡)
2016
うつわ展 ナガヤプロジェクト(徳島)
うつわ展 モミの木(カフェ)(静岡)
うつわ展 アトリエ・ユニ(鹿児島)
2017
うつわ展 器や彩々(京都)
うつわ展 Sachet.(北海道)
うつわ展 objectum casa(福岡)
その他企画展多数

大学院時代、ご自身の昼食にパンを焼き始めたのがきっかけで、プロの道へ。そんな楽しいお話を、徳島の素敵なご自宅で伺いました。お天気のいい気持ちのいい午後でした。

藤本羊子さんに会いたくて


おはよーこ

このセリフと共に、instagramに投稿される朝ごはんの画像を楽しみにしているんです。

それは

藤本羊子さん

徳島県鳴門市の陶芸作家さんの投稿です♪

手作りパンや色とりどりのサラダ、フルーツも気になりますが、まるで抽象絵画のような魅力を放つうつわが気になって気になって…

それで

とうとう会いに行ってしまいました!

思った通り、感性豊かな方。大阪芸大在学中は造形を多く作られていたのだとか。

その後、パン作りの道へ。

そして陶芸の、うつわ作りへと戻って来られたのだそうです。

それはそれは、おもしろいお話がいっぱいでした♪

思わず食い入るように見入ってしまいます。

独特の色彩と、てびねりのうつわのふんわりした感じが、存在感を放っています。

美しく、とても繊細なのに、力強くも感じる。不思議な魅力です。

どれも絵になるうつわの数々。

お料理を盛りつけることで、絵を完成させるような、そんな美しく楽しい暮らしが思い浮かびます。

 

来てよかった~

作品の制作と個展の開催もお願いできました!

 

素敵なうつわ&作家さんとの出会いに大満足です♪