沖縄 パン屋水円にて 2

お腹も満たされのんびりしていると、

「くるみさんですか?」の声。

ヒネモスノタリの楠戸杏子さんです。

 

中村かおりさんのご紹介で [うつわ展・沖縄からの風  中村かおり 南端pottery ヒネモスノタリ」に作品をお願いし、今日が「はじめまして」です。

 

いろんなお話に、時がたつのを忘れます。

京都府出身で、沖縄県立芸術大学への入学以来、沖縄に住んでいること。

卒業後は、うつわを作りたくて、読谷の窯元で9年間修業し、自分の作品も作りたくなって独立したことなど。

お話を伺いながら、今も暮らしの道具として愛される民藝、沖縄のやちむんを支えてきた、多くの陶工に思いを馳せます。

 

楠戸杏子さんも、伝統を踏襲しつつ、ご自身の世界を広げていかれるのでしょうね。

 

8月の展示が楽しみです。

0

コメントを残す